公益社団法人 滋賀県理学療法士会
リンクサイトマップ
*
文字サイズ小中大
*
トップページ >> 会長挨拶
会長挨拶

会 長 あいさつ(平成28年度)

*

このたびは公益社団法人滋賀県理学療法士会のホームページにお立ち寄りいただき誠にありがとうございます。

このたびは、(公社)滋賀県理学療法士会のホームページにお立ち寄りいただき誠にありがとうございます。本会の概要についてご紹介いたします。

本会の概要についてご紹介いたします。

昭和40年理学療法士法・作業療法士法が制定され、昭和41年には国家試験が行われ、全国で183名の理学療法士が誕生し、同年日本理理学療法士協会が設立されました。昭和45年京都士会と合同で京都理学療法士会が誕生し、昭和50年4月27日会員6名により滋賀県理学療法士会が設立されました。平成8年11月滋賀県より社団法人の認可を受け、平成24年3月には公益社団法人として認可を受けました。昨年は理学療法士が誕生して半世紀の節目の年に、皆様のご支援の下40周年記念式典を開催することができました。

写真

本会が発足した40年前は会員数が6名であり、リハビリテーションの言葉すら社会の中では認知されていない状態でした。会員数が150名に達するのに24年間を要したわけですが、最近は養成校の増加を受け現在は約900名の会員数に達し、数年後には1000名体制の大きな組織に発展すると予測します。急激な会員数の増加はリハビリテーション推進における強い力となる反面、会員の教育や士会運営においてはいくつかの課題も見受けられ、今後組織力強化に向けた改善も必要であると感じています。

本会は、地域社会における良質で安全な理学療法の普及および向上を図るために理学療法士の資質の向上に努め、「暮らし安心県」を掲げる「元気で住みやすい滋賀県」となるよう研鑽を積み重ね努力していく所存でございます。今後は医療機関だけでなく介護保険領域や高齢者の介護予防、運動を活用した健康維持・増進活動にも積極的に参画してまいります。また職場における腰痛・肩こり対策、スポーツ障害予防、障害のある方への二次予防対策など県民の皆様が地域の中で生き生きと活動できるよう質の高い理学療法を提供いたします。

私たちは尊厳のある自立とその暮らしを守ることを基本理念とする「リハビリテーションマインド」を持ち続けることをお誓い申し上げまして挨拶とさせていただきます。

▲このページのトップへ

Copyright (C) 2012 公益社団法人滋賀県理学療法士会. All Rights Reserved.